2010年04月10日

もう4月なわけですが

パンジーハンギング
現在の実生パンジーハンギング。
まだまだですねー
これ、花いっぱいになる頃には暖かくなって伸びちゃってるかなぁ。
て、昨年も同じことを書いたような。

ビオラ
実生ビオラもまだまだこれから。
花数は少し増えてきました。

ネモフィラ
ネモフィラ。
黒って意外と派手だなぁ。




2010年03月17日

今年の実生ビオラとパンジー

実生ビオラ4
遅ればせながら…
ネズミ食害を免れたわずかな株たちがようやく咲き揃ってきました。
8月に蒔いたとは思えない遅さですけど、根回りも良く、徒長もしていないから、良しとしておきます。

実生ビオラ1
これは見元ビオラの子。
歌姫そっくりです。

実生ビオラ7
これはたぶん昨年の桐生ビオラの子。
今回蒔いたのはほとんどが一昨年の種なんですけど、数粒だけ昨年の種も蒔いたんです。

実生ビオラ2
これも昨年の神戸ビオラの子だね。
アンファンそっくり。

実生パンジー3
これはナチュレの子かな。
ナチュレならビオラじゃなくて小型パンジーか。

実生ビオラ6
あとはこんなのとか。

実生ビオラ9
こんなのとか。

実生ビオラ5
こんなのとか。

実生ビオラ3
こんなのとか。

実生ビオラ8
こんなのとか。

んでもって。

実生パンジー1

実生パンジー2
こちらはパンジー、ムーランルージュ(たぶんアプリコット)の子。
親株は咲く度に毎回花色の違うことが特徴だったんですよ。

ムーランルージュ
これは昨年の親株写真。2株分の花が写っています。
左上の紫と黄色、右下水色の3つの花は全部同じ株です。中央下の2つはまた別の1株。

実生株はまだ咲き始めたばかりで何とも言えませんが…。
次の花もそれぞれ同じ色っぽい雰囲気。
残念ながら色は変わらないのかも。。そうだとしたら実に残念!

ちなみに昨年秋に買ったムーランルージュ(キャンティー)は、絞りの入り方こそ違うものの、毎回同じ色の花が咲いてます。というより、寒さのせいか色が濃くなり、絞りがほとんどなくなっています。もうしばらくしてからの方が楽しめるかな。

モルフォ
一昨年に蒔いたモルフォ。
無事に夏も冬も越してまた咲き始めています。
この青紫、風に揺れて光に透けてすごく綺麗です。


☆おまけ☆

ネモフィラ
ネモフィラ ペニーブラックも咲いてるよ。
2010年01月04日

ベランダビオラ壊滅状態

夜の12時頃と朝の4時頃に見回りをしました。
わざわざ起きて懐中電灯を手にベランダの端から端まで観察。
が、やはり虫は見つからず。
ところが朝になってみたら、今度はビオラが丸ハゲ。
いえ。今回は根元が残ってます。

ビオラ食害
写真のこいつはマシな方です。下葉が数枚残っています。
花はまだでしたけど、食害前はそれなりにフサフサになってきていたんですよ。。
これ以上の被害がなければ脇芽が出て復活するでしょうけれど、春先の開花は…難しいかも。。
4時には何事もなかったんだけどなぁ。。
白っぽいのは一昨日撒いたオルトラン粒剤。
実生のパンジーとビオラで無事なのは窓の手すりに置いている少しの株だけになってしまいました。

根元が残っていて葉がないということは…
これはネキリムシではなくてヨトウムシかな。もしかして両方いるの??
実はビオラは数日前にも数株の被害があり、そのときは根元から切断されて葉が散乱。ほぼ全ての鉢にダイシストン粒剤も撒いてます。。

ベランダでこういう被害は今年が初めてです。
たぶん私の手で虫を持ち込んでしまったのだと思います。。最悪。。
その他、芽が出たばかりのクコも全滅。小さな鉢に植えていたれんげ草も。芽が出たばかりのネモフィラも。
でもやっぱり一番のショックはカシポオキナグサ。
一年草は…ビオラもパンジーもれんげ草もネモフィラも他の場所で管理していた株が少し残っているし、まぁ…いいか…(´;ω;`)
タグ:ビオラ
2009年11月21日

ビオラとパンジーを買ってきました

ビオラやパンジーって、タネを蒔いても苗を買っちゃうものですよねぇ。。

で、買ってきました。

桐生ビオラ2
桐生ビオラ。

桐生ビオラ1
これも桐生ビオラ。
桐生ビオラは大好きなのです。

ラビットダンス
見元園芸のラビットダンス。
見元ビオラも大好き。

ムーランルージュ
ムーランルージュのキャンティー。
パンジーは買うつもりではなかったのですが、色合いが気に入ったので。
よりによって、お店にあった中で一番徒長しているものを買ってきました。
だって、これが一番絞りがハッキリ出ていたんだもの。
そのうち切り戻そう。

毎年、似たような色を買ってしまいます。
たぶん私はパンジービオラに関しては紅色系が好きなのでしょう。
家族にはいつも「暗い色ばかり植えて!」と不評ですー
黒いビオラも欲しいんだけど、ますます家族に嫌がられるかなぁ。
2009年10月12日

ポットあげ予定。。

パンジー
8月7日に蒔いたパンジーとビオラ。
例年ならとっくにポットあげしている季節ですが、まだそのままです。
写真は一番大きく育っているパンジー。自家採種のムーランルージュです。

ビオラ
しかし。
一緒に蒔いたのに、こんなチビもいるのです。
ホントに8月上旬蒔きー? な感じです。
いや、なかなか発芽しなくてねぇ。。
播種直後に低温にしたつもりが、足りなかったみたいです。
タネが古かったせいもあるかも。。
また今年も開花は3月になってからかな。。

ネモフィラ
9月12日に蒔いたネモフィラ ペニーブラック。
これもそろそろポットあげ。
6粒蒔いて3粒発芽。期限切れのタネだからこんなもんかな。

先月蒔くつもりだったれんげ草、まだ蒔いていません。
そろそろ蒔かないと!
2009年09月30日

夏越しパンジー

特に夏越しをねらったわけでもないのですが。。

モルフォ
モルフォ。少々弱々しいけれど、まだ咲いてます。
だいぶハダニにやられているので、ダニ剤を入れたバケツに鉢ごと漬け込んだ後、ダイシストンを蒔いておきました。

ムーランルージュ

ムーランルージュ2
ムーランルージュは1株だけ生きてます。
他のは先月切り戻したら、そのままお亡くなりになってしまいました。

スイートアリッサム
スイートアリッサムも満開。
だいぶ伸びてきました。またそろそろ切り戻さないと。
これは昨年の今頃に種を蒔いて育てた株です。
一昨年のもまだあるのですが、そちらはクーラー室外機の前に置いていたので、かなりのダメージが。
2009年08月27日

パンジー発芽

パンジー発芽
パンジー
最初に発芽したものは、本葉が顔を出し始めています。
まだこれから発芽しようとしているものもあり、冷蔵保存していた割には足並みが揃わなかった感じです。

ビオラはものすごーく発芽率が悪いです。
パンジーは今年のタネですが、ビオラは昨年のタネと、一昨年のタネ。
しかたがないので追加で播種…したとたんに、先に蒔いたものがいくつか発芽しようとしているのを発見。
ただ単に発芽に時間がかかっているだけ?
播種直後に室温を下げたのですが、充分じゃなかったのかな。
2009年08月13日

パンジーとビオラの種蒔き

8月7日の夜、パンジーとビオラのタネを撒きました。

今の季節に発芽させるには、タネを10℃以下の低温にさらしておく必要があるらしいです。
冷蔵庫で保存していたので、これは問題なし。

パンジーとビオラ1
今年はこれだけ。
あまりたくさん蒔いても後で困ってしまうので…。
パンジーよりもビオラの方が好きなのですが、今年はパンジー(ムーランルージュ)多めです。ハンギングにしようかな、と。
ビオラのタネはあまり採れなかったので、昨年のタネが大半です。
1年以上前のタネは発芽率が悪そうな気もするので、1マスに2粒づつ蒔いてみました。
今回はラベルをつけていません。もはやどこに何を蒔いたのか不明。

播種後数時間は25℃以下にしたいので、部屋の室温を下げ、寒さに耐えつつ一晩放置しました。
下に敷いているビニールは、乾かさないようにする目的です。
私は乾かしすぎてしまうことがありますから…。
発芽が落ち着いたら取り去る予定。

昨年まではベランダで管理していたけれど、ベランダも庭も陽当たり悪すぎです。。
今の季節に播種しても3月まで咲かない理由は、そこにあるのかも知れない、と。

パンジーとビオラ2
なので今年は窓の手すりに置いてみます。
ここなら少しは陽が当たる…はず。
もしも全部発芽したらどうしよう…間引くか、育てるか…またそのときに考えればいいか…

ところで。
今回初めて100均の種蒔き用土を使ってみたのですが、この土は大丈夫なのでしょうか。
虫の屍骸みたいなのが入っていたので、手で取り除きました。
面倒なので消毒は殺菌剤のみです。
かなり不安が残ります。でも今年はこれでチャレンジ。

パンジーとビオラ3
今日はもう、発芽しはじめています。

一つ気がついたことがあります。
この土、根っこがうまく中に入ってくれない!
爪楊枝でちまちまと埋め込みました。
ピートモスとかココピートとかはこういうことが多いような気が。ちょっと苦手かも。。
2009年07月30日

夏のパンジー

ビオラは全部ツマグロヒョウモンのお食事になってしまいましたが…

ムーランルージュ
パンジー ムーランルージュ
まだ咲いています。

梅雨前に切り戻したのですが、その後、枯れた枝もあり。
春に比べると、弱々しくて小さな花になっています。
咲く度に違う色になっていたのに、今は全部同じ色。

そろそろ播種の季節ですねー。
一昨年は8月下旬に蒔いて、咲いたのは3月。
昨年は8月上旬に蒔いて、咲いたのはやはり3月。
一般的には、8月に蒔けば年内に咲くはず。
日照不足が原因でしょうか。品種の問題もあるかも知れませんが。。
今年もほんの少しだけ8月上旬に蒔きます。
秋までの置き場所を変更してみる予定。
2009年06月20日

ツマグロヒョウモン

注:パソコンでトップページからアクセスした場合には、写真を見たくなければ見ないで済むようにしましたが、直接この記事にアクセスした人と携帯の人へ…虫を嫌いな場合には、以下の記事は見ない方が良いです。。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)の幼虫を飼っております。
いつか蝶になって羽ばたいてゆくのを楽しみにしているのです。

いつもは駆除してしまうのですが。
なんだか面倒くさくて。
別に嫌いでもないし。
結果的に放し飼い。
食欲旺盛で、すでにパンジーもビオラも丸ハゲ状態。花まで食べられています。

ブルーエンジェルJr.
唯一生き残っているブルーエンジェルの子供。
暖かくなってきたら、親株に似てきました。
こいつが丸ハゲになるのも時間の問題です。

写真は畳んでおきます。虫嫌いな人はクリックしないでね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。