2010年05月19日

小さなムスクラと大きなドラゴンフルーツ

ムスクラ実生
2009年9月播種のムスクラ。
他の実生サボと一緒の管理を続けると徒長しそうなので、ムスクラだけ植え替えて外管理にしました。
8月播種のムスクラは相変わらず室内で放置されております。

で。。
冬の間室内管理していたドラゴンフルーツ。
室内とはいえ、人の生活していない空間ですから、真冬の室温は0℃前後まで下がります。。
毎年部分的に凍傷になり、幹(?)に穴が空いていたりしたのですが…

ドラゴンフルーツ凍傷1
今年は根元近くで凍傷になってしまいました。黄色くカリカリになっています。
これではどうしようもないですね…

ドラゴンフルーツ凍傷2
支柱にくくりつけたまま切って乾燥中。まだ室内にいます。




この記事へのコメント
冬の間一番日当たりがいい室内に置いていたらムスクラまで赤くなってビビりました。
ほどほどに強光線がいいのでしょうか…(ノ∀`)
兜やらんぽう玉はムスクラほどは日当たり必要ないですか?
Posted by F.I.L.O at 2010年05月20日 13:10
> F.I.L.Oさん
さすがのムスクラも赤くなりましたか〜
特に小さな実生苗はどうにも加減が難しいですよね。
兜もらんぽう玉もそれほどには強い日照を好まない気がします。
うちの瑠璃兜たちは間接光しか当たらない場所にいますけど、特に徒長したりしていません。
けど急に水をやったせいか身割れしてます〜
Posted by adagio at 2010年05月20日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。