2009年11月13日

プルメリア実生報告3

タイトルから「?」を消しましたー
ほぼプルメリアで決定と思われます。

先日、外気温が3℃まで下がったとき、窓際の温度が15℃を切ってしまいました。
現在、鉢の周りをプチプチで巻き、更に二重鉢にしてあります。

さて。10月30日に矮化剤の実験をしているわけですが。

プルメリア
無事に生長しております。
少なくとも生長を阻害するようなことにはなっていません。
つまり、使用した薬剤が濃すぎる心配はなさそうです。薄すぎかも知れませんが。

で。
写真ではよくわかりませんが。
散布後に双葉の色が濃くなっているんですよ。
ただ、矮化剤の効果で濃くなったのか、タネの殻を脱ぎたてだったから自然に濃くなったのか、そこのところは不明です。
薬の効果で濃くなったなら、次回の散布は色が薄くなったときにすれば良い感じなんですけどね。。

矮化剤の適切な濃度を知りたいです。
けど、なんたってビーナインは適用外。
全世界に向けて自ら発信しておきながらアレですが…食用でないとは言え、使用すること自体が推奨されない行為ですねぇ。。

というか。
一度に使う量として1グラムは多いから、薬匙でだいたい10等分に小分けしたんだけど…。
1,000倍で使うと、この小苗一つにはそれでも多すぎ。。




タグ:プルメリア
posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | その他植物
この記事へのコメント
ここまで成長するとハッキリしますね〜。間違いなくアデニウムじゃないと思います。
種の形も違ったし。
葉もまるで違いますね〜。

しかし大型になる物だから?
すごく大きくなってないですか?

Posted by ちょこ at 2009年11月14日 00:16
> ちょこさん
実は一番頻繁に観察しまくっているのはこれだったりー
毎日、少しずつ葉っぱが大きくなっているんです。面白い♪
曲がらないように、鉢をくるくる回しております〜
現在5センチくらいです。
大きくなってはいますが、どうやら最初の一年くらいはそれほど大きくならないみたいですー
Posted by adagio at 2009年11月14日 01:10
バックのプチプチが面白いですね。
プルメリアもここまで大きくなると、成長が楽しくなってくる。薬剤は僅かな量を測るの、けっこう難しいですよね。
Posted by hiroro689 at 2009年11月14日 20:41
> hiroro689さん
夜だけ窓から離せば良い話なのですが、朝っぱらから鉢を移動させるのは私的にちょっとツライので〜苦肉の策でプチプチです。
なんだかすごく可愛いです。
薬剤はほんとに…。ほんのちょっとでいいのにー、と思うことも多々あります。
液体ならまだ測りやすいんですけど、粉末は…我が家にそんな精度の高い量りはないのです〜
Posted by adagio at 2009年11月14日 21:28
何鉢か用意して比較してみたいですね〜薬の効果(´Д`)
計量で思い出したんですが、0.2gとか計るのにこちらを参考にしてました。
http://members.jcom.home.ne.jp/m381t/01frame02.html
しかしそれでも多いんですよね…
こういう薬って趣味家向けではないんですかね?
Posted by F.I.L.O at 2009年11月15日 13:21
> F.I.L.Oさん
実験するなら数鉢は必要ですよね〜
1鉢だと比較できなくてわかんない(´・ω・`)
とりあえず、今冬は室内での徒長を防げればいいかな、くらいの感じで使えたら良いのですが。。
urlありがとうございます!
薬匙というか、正確にはミクロスパーテルを使って分けましたので、それ一杯分が何グラムなのか把握しておけばいい、ということですよね。
たぶん…0.01グラムくらいだったかなぁ。かたまりになりやすい微粉なのでスリキリにすることが手間で、正確に量りませんでしたけれども、だいたいそんな感じでした…。
一般向けに売っている薬品ですけど、たくさん苗を育てている人向きなんでしょうねー
私は規定よりだいぶ薄めているので、余計に多いと感じるのだと思います。
でも、菊や朝顔を大事に一鉢だけ育ててる、なんて人にはやっぱり多いだろうなぁ。。
Posted by adagio at 2009年11月15日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。