2009年10月30日

矮化剤実験

プルメリアは2メートルの大きさになるそうな。
しかしながら我が家にはその大きさのものを置くスペースはありません。
建坪率いっぱいの建物ですので、庭のどこに置いても通行の際にはカニ歩き必須。それでもぶつかってしまうような感じなのです。
できればコンパクトに育てたい。
無茶は承知ですが、陽の当たるクーラー室外機の上にでも置ける程度に。。
が、剪定を繰り返すのは花芽を切ってしまうことになるし、その手法で綺麗な形に仕上げるのは性質上難しいみたいです。

そこで。

矮化剤
魔法の薬登場。
矮化剤ビーナインです。
矮化剤は種類によって効果のある植物とない植物があるそうです。
ビーナインがプルメリアに効くのかどうかもわかりませんが。
まずは試してみようじゃないですか。
何でもこれは新芽が展開しはじめた頃に使うんだそうで。
ということは、もう使う必要があるということ?
それとも1年くらいは普通に育てて、その後の春から使った方が良いのでしょうか。
いや、やっぱり徒長防止にも今使うべきか。。

プルメリア
1つしかないものを実験台にするのはドキドキします…。
一歩間違えるとお亡くなりになってしまいそうです。。
薬害よりも効果がない方がずっとマシなので…かなり薄めの600倍で。
葉を中心に茎にも散布。
次回の散布はしばらく様子を見てから。。


10月31日 追記
ごめんなさい。訂正します。
実際に使用したのは1,000倍でした。




posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | その他植物
この記事へのコメント
2メートルって恐ろしいですね。
なんだかプルメリアって、可憐で小さな花を想像してたんですけど。。

アデニウムも花だけ見るとすごく綺麗なのに、根元が男らしい(笑)
あのプックリと男らしい根元が好きな方もいるようですが。

矮化剤なんて物もあるんですね〜。大きくなる種類にはいいかも。
これあれば・・・大きくなりそうな苗木もベランダに置けるかも・・
Posted by ちょこ at 2009年10月30日 23:15
> ちょこさん
自然の状態ではもっと大きくなるみたいです。鉢植えだと2メートルくらいらしいです〜
花はフラダンスの人が首にかけたり髪飾りにしているあの花です♪
アデニウムの男らしい(なんだそれ(笑)プックリは私も好きです〜♪
矮化剤はいろいろ種類があるようなのですが、園芸店で手に入りやすいのはビーナインくらいかも。。JAに行けば他のものも入手できるようです。
適用外なので、効果の有無も、濃度も、散布の間隔もわかりませんけど、ちょっと試してみます〜
Posted by adagio at 2009年10月31日 01:54
えっ!やっちゃいましたか?
私も以前大切なものを実験台にして、枯らしてしまいました(-_-;)
凄い勇気!矮化成功すればいいですね。
Posted by hiroro689 at 2009年10月31日 21:19
> hiroro689さん
怖いですね〜
しかも比較対象がないので、成功しても年単位で見なければよくわからないという…
同じキョウチクトウ科のニチニチソウが薬剤に敏感に反応するということを参考に、薄めにしてみました。
危なければジベレリンを撒布して効果を打ち消すという手もありそうですが、そこの判断もできそうにないです…
気がついたときにはもう遅い、なんてならないことを祈ってます〜
Posted by adagio at 2009年10月31日 21:59
矮化剤の存在初めて知りました。
adagioさんの記事は勉強になります〜(`・ω・´)
小林製薬なら「巨大化その前に」って名前になるのだろうか…
Posted by F.I.L.O at 2009年11月02日 09:44
> F.I.L.Oさん
お店で売られている苗には矮化剤が使われていることが多々ありますー
アジサイ、ハイビスカス、キキョウ…その他いろいろ。いろいろ。いろいろ。。
知らずに買った場合、薬の効果が切れるとニョキニョキと本来の姿に育ってビックリすることになってしまいます。
本当は自然のままに大きく育ててやりたいんですけどね。。
小林製薬なら本当にそんな名前をつけそう(笑
Posted by adagio at 2009年11月02日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。