2010年07月08日

ハオルチア実生報告 その9

ハオルチア実生報告

播種からそろそろ1年。
また新しく蒔くから、ここらで一区切り。

昨年蒔いたのは、言ってみれば、全て父木不明の雑種なわけで…
雑種でも母木の名を借りて「ベヌスタハイブリット」とか言い換えるとカッコ良く聞こえる不思議。
てなことで、今回は全部ハイブリットと呼んでみたりして。名前負けしているということはここだけの秘密にしておいてねー
というか、似たような顔ばかりで後から写真だけ見ると何が何やら。確認しに行くのがめんどくさい。

ベヌスタ交配種
ベヌスタハイブリット。残念ながら毛深いのは一つもありません。ベヌスタと言ったら毛深くなくちゃねー

達磨黒肌オブツーサ交配種
これはまだ小さいけれど達磨黒肌オブツーサハイブリット。母親似のツヤピカだね。

羽衣交配種
羽衣ハイブリット。

ピグマエア交配種
ピグマエアハイブリット。これは他のと違う顔だから見分けやすいな。

プリンセスドレス交配種
プリンセスドレスハイブリット。もはや面影なし。

光オブツーサ交配種
光オブツーサハイブリット。これ一つだけ半透明部分がものすごく多いです。綺麗だけど育てるのが難しそう。
というか、何と掛け合わさってこうなったんだろ。。

初夢殿交配種
初夢殿ハイブリット。これも母親似かな。

大型透明窓紫模様トルンカータ交配種
大型透明窓紫模様トルンカータハイブリット。

ミラーボール交配種
ミラーボールハイブリット。裏窓の感じは確かにミラーボールのもの。

ブラックベルディアナ交配種
ブラックベルディアナハイブリット。

ハイブリットハイブリットってウザイですねー
素直に交配種って言えばぁ? なんて誰も言ってくれそうにないから一人でツッコミ。

1年でこんなに育つとは、ハオルチアはサボテンに比べるとメチャクチャ生長早いですね。
たぶん外管理への切り替えをもう少し遅らせれば、もっと大きくなっていたはずと思います。
いきなりまだ寒くて湿度の低い屋外に出したため、そこで一旦生長が止まりましたから。




サボテン実生報告2009 その7くらい

昨秋に蒔いたサボテンたちをようやく植え替えました。
サボテンは密植した方がよく育つのですが、頻繁な植え替えは面倒なので、かなり余裕を持って植え込みました。

ルリ兜1
ルリ兜×新昭和系ルリ兜

緋冠竜1

緋冠竜2
緋冠竜×緋冠竜

バラ丸1
バラ丸(自家採種) 

冬からずっと…昨夜まで完全放置してました。
ええ。珪酸白土に頼って水換えもせず。様子を見ることもせず。

ルリ兜2
ずっと半密封&腰水を続けた状態だったので、パンパンに膨らんでおります。

バラ丸2
それは良いんだけど、バラ丸はことごとく実割れ…。やりすぎたようです。


ムスクラ(自家採種)
これは春に移植したもの。すでに徒長の予感。。


☆おまけ☆

サボテン1

サボテン2

サボテン3

サボテン4
よくわからない品種の実生サボテン(3年目)たち。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。