2010年03月30日

何かが発生

羽蝶蘭播種から半月。

羽蝶蘭実生
イイ感じにうっすらと何かの菌糸が発生しています。
この写真ではよくわかりませんが、黒いのはすり潰して粉状にした古土。その上に白い菌糸。
素敵だ。こんなカビのようなものを愛でているなんて変態でしょうか。
頑張れ蘭菌!

ところで。
これは別に宣伝じゃないんですけど。
SUGOI-neってどうなんでしょ?
ずっと前からずっとずっとずっと気になっているんですよ。。
だってラン菌入りだなんて言われるとめちゃくちゃ心が揺れ動くじゃないですか。
試しに少量だけ買ってみようかなぁ。。
ジュエルオーキッドに試してみようかなぁ。他にもいろいろ遊べそう。。
ちなみに楽しい販売元サイト。勝手にリンク。
このサイト、どこをどの順番で見ればいいのか、迷路のようですー




タグ:羽蝶蘭
2010年03月29日

バラ丸の花芽

バラ丸花芽
バラ丸の花芽。
いつもは3月上旬に咲くんだけど。
今年はものすごく遅いです。
私、何か変なことしたっけ?
…秋に鉢を替えたなぁ。
そのせいかな。

ムスクラ
恥ずかしい徒長のムスクラ。
仔吹きしたらなんか可愛くなったよ。
…横から見たときだけー。
上から見るとまだ恥ずかしい姿ですー。

ようやく睡蓮を

半分だけ植え替えました。
残り半分は…いつ植え替えよう。早くしなければ。

睡蓮の新芽と花芽
写真は植え替え前の睡蓮。
ウィローモスとか落ち葉とか絡まってます。
すでに花芽があるね。

今年はサニーコートを軽く鉢に巻いただけで冬越ししました。
うーん。。メダカはだいぶ落ちているようです。ダルマが見あたりません。
やっぱり一昨年みたいに苗帽子を被せてやった方が良かったのかな。穴は広げた方が良いだろうけれど。

私の粗雑な植え替え作業により、玄関ポーチが泥だらけ。
そして私も全身泥だらけ。
いい年した大人が玄関前で顔も髪も服も汚して泥遊びというのはいかがなものか。
しかし。泥の写真なんかアップしても面白くないから却下。。
タグ:睡蓮 メダカ
2010年03月24日

ハオルチア実生報告8

昨年7月に播種。生後8ヶ月。
初のハオルチア実生苗植え替えをしました。

生長にかなりバラつきがあります。
大きなものは長径3cmくらい。小さいのは5mmに満たないくらい。
同じ親の子でも全部顔が違うようです。

初夢殿交配実生
母親は初夢殿
これ、割と好きだなぁ。今のところ。

紫模様トルンカータ交配実生
母親は大型透明窓紫模様トルンカータ
透明窓の予感。紫ではなさそう。トルンカータでもなさそう。

ミラーボール交配実生
母親はミラーボール
生長はやや遅め。

ベヌスタ交配実生
母親はベヌスタ
この実生群の中で一番大きいのがこれです。残念ながら毛はあまりなさそうな予感。葉の形からするとこれからも大きくなりそうだね。

白うさぎ交配実生
母親は白うさぎ
白うさぎの子はどれもこれも生育が悪いです。なんか弱いみたいで小さくてヒョロヒョロな苗ばかり。全部かなり明るい黄緑色です。これも生長点に何かあったらしくて頭がいくつかあるね。父親は誰だろ。

ピグマエア交配実生
母親はピグマエア
かすかにケバの予感。

プリンセスドレス交配実生
母親はプリンセスドレス
今のところ面影なしー

羽衣交配実生
母親は羽衣(ブラックベルディアナ)
羽衣の葉は薄いけどこれは肉厚だね。やや青光り。気のせいかな。

今までずっと腰水管理を続けていました。今後は上部潅水にするつもり。
本当はこの先も高湿度を保った方が良いのでしょうけれど、このまま外管理(覆いなし)に移行。
て、しばらく寒そうだね。でも植え替えでサイズが大きくなったから、もう部屋には置けないのー。
温度も湿度も低くなって生長は遅くなるでしょうー
3cmのは来年には顔がハッキリしそうだけど、5mmのは数年先になっちゃうかな。
生育が悪いのは育てないという選択肢もありですが、今回はとりあえず全部植えておきました。
2010年03月23日

鉢の違い

光オブツーサ1
5株の光オブツーサ。
昨秋に植え替えた小苗です。
白い100均鉢と、黒いスリット鉢と、黒いポリポット。
冬の間、5株とも窓外の手すりで放置栽培。

これね、鉢の大きさからお察しいただけるかも知れませんが。
白い鉢には大きめで整った株を。
黒い鉢には小さくて貧弱な株を植え付けたんです。
比較写真を撮っていなくて残念ですが…。
直径は倍くらい違ったはず。
春になった今、同じくらいの大きさに。
白い鉢の方はあまり生長していません。
それに黒スリット鉢とポリポットの方が肉厚です。

今までずっと黒い鉢ばかり使ってきましたけど、今回初めて白に植えてみた結果。
少なくとも我が家の環境では黒い鉢の方が生育は良いようです。スリット鉢とポリポットとの間にあまり差は認められず。鉢の構造よりも色の方が重要っぽい。
今後もハオは黒い鉢決定。

☆おまけ☆

光オブツーサ2
ハオ棚近くで管理していた別株。
これは小さいけれど上の小苗たちより前に株分けしたもので、その分根が良い感じに育っていたせいか綺麗な形になっています。

光オブツーサ3
親株は相変わらず。
というか、どんだけ光オブツーサがあるんだ。

リカステとセロジネ

Lyc. Fire Bird 'Koi' 1
Lyc. Fire Bird 'Koi'
ピンクのこいちゃんも咲いたよ。

Lyc. Fire Bird 'Koi' 2
珍しく順光で撮った写真。
いつも手抜きして窓際逆光だからなんか違う色になっちゃうんですよね。

Fire Bird 'Ai'+Fire Bird 'Koi'
Lyc. Fire Bird 'Ai' + Lyc. Fire Bird 'Koi'
あいちゃんと並べてみました。

これね。一昨年(だっけ?もっと前だっけ?)ピンクのだけ買おうとしたんですよ。
そしたら2鉢で3000円にまけてくれるっていうからー
2鉢買うなら当然ピンク+深紅でしょ。どちらも私の好きな色。
現在は発酵バークで植えていますけど、今春は水苔植えに変更してみようと思っています。
たぶん、その方がまともに管理できそう。

Coel. Cosmo-Crista 1

Coel. Cosmo-Crista 2

Coel. Cosmo-Crista 3
Coel. Cosmo-Crista

セロジネも咲き出しました。
シンビジウムが先かと思っていたら、こっちが先だったよ。
セロジネもリカステも手のかからない子で嬉しいなぁ。
ただ、これ…臭いです。良い香りと感じる人もいるのかも知れませんけど…。何と言うか、スプレー式トイレの消臭剤から「良い香り」と呼ばれる部分を取り除いた匂いというか…。
現在7号鉢。管理の限界なので今春は株分けします。
posted by adagio | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋ラン

そしてまた増えた

オステオスペアマム
オステオスペアマム トレードウィンズ ディープパープル
写真は派手派手ピンクみたいに写っていますが、もっと暗い赤紫色です。

ディープパープルと言われるとどうしても…
♪ツッ チャッ ツチャッ ツチャッ ツチャッ ツチャ〜♪
♪のーぼでぃごんなていくまいっかー あいむごんなれーすいっとぅーざーぐらーぁーあーん♪

とか脳内で鳴り響くわけです。なんか知らんがハードロックな花です。
秋まで咲き続けてくれるらしいです。
そんなに欲しかった訳じゃないんだけどな。。
出来心で買ったとしか言いようがない。。

バビアナ ナナ
バビアナ ナナ (Babiana nana)
草丈は10cmくらい。花が終わって葉も傷んでいて処分価格。1ポット50円でした。
この店にナナがあったとは! と動揺して3ポット購入。
写真は3ポット分です。密に植えすぎた気もするけど〜。
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | その他植物
2010年03月22日

アガベ実生報告4とか

ベランダの棚を増設しました。
増設したのにナゼか相変わらず足の踏み場もなく、部屋にあるハオ&サボ実生苗を外に出すこともままならず。
今の段階ですでに乗車率200%超えというか。
これ以上棚を増やすこともできず。すでに洗濯物も干せないし。
この先、ランたちもドラゴンフルーツもベランダに出さなければいけないのに、どうしたらいいんだ。
何かを減らさねばなるまい。。

アガベ実生
播種からえーっと、5ヶ月弱かな。
だいぶアガベっぽくなりました。
最初の葉の葉先が傷んでます。これは例によって水を切らしてしまったんだな。当時はまだ腰水管理中だったのに、うっかりカラカラに乾かしてしまうとは何事だ。
昨日から屋外管理に切り替えました。

だるま月兎耳1
だるま月兎耳も植え替えました。
一昨年の冬に寒さで(たぶん凍って)葉が傷み、ただの棒になってしまったやつも奥に刺さってます。下の方からも脇芽が出てきているから、来年の今頃はもうちょっとかっこ良くなっているかな。
しかし。こうやって大きな鉢(5号)に植えてしまうと置き場所がなく…来年の今頃はヒョロヒョロに徒長しているかも。。
というか。
写真を見て気がついたんだけど、焼けてるね。急に霜除けの覆いを取ったからかな。

だるま月兎耳2
うさぎ畑も作りました。
これ、上の写真の株と一緒に植えるつもりだったんだけど、入りきらなかったんです。
…やっぱりまとめてしまうと邪魔かも。。
小鉢なら物置屋根上の不安定な数センチの隙間に置けていたんです。この鉢はもう置けない。

グラパラリーフ1
かつてグラパラリーフ(食品)だったもの。たぶん朧月。
全ての枝がベランダの柵から飛び出して暴れ…
例えて言うなら。
狭い隙間から入り込もうとして、上半身だけ入ったんだけど下半身は入らず、上半身を抜こうにも抜けなくなり、身動きとれずに半泣き。
というような状態で。
鉢を動かしたかったから、先日切って挿し芽しました。テキトーに挿しました感満載。
日陰で2年以上ろくに水やりさえしていなかったので、なんか勢いがないです。
可哀想だけど下半分はゴミ箱へ。増えても困るし。
そしてまた日陰へ。ごめんよう。
2010年03月17日

今年の実生ビオラとパンジー

実生ビオラ4
遅ればせながら…
ネズミ食害を免れたわずかな株たちがようやく咲き揃ってきました。
8月に蒔いたとは思えない遅さですけど、根回りも良く、徒長もしていないから、良しとしておきます。

実生ビオラ1
これは見元ビオラの子。
歌姫そっくりです。

実生ビオラ7
これはたぶん昨年の桐生ビオラの子。
今回蒔いたのはほとんどが一昨年の種なんですけど、数粒だけ昨年の種も蒔いたんです。

実生ビオラ2
これも昨年の神戸ビオラの子だね。
アンファンそっくり。

実生パンジー3
これはナチュレの子かな。
ナチュレならビオラじゃなくて小型パンジーか。

実生ビオラ6
あとはこんなのとか。

実生ビオラ9
こんなのとか。

実生ビオラ5
こんなのとか。

実生ビオラ3
こんなのとか。

実生ビオラ8
こんなのとか。

んでもって。

実生パンジー1

実生パンジー2
こちらはパンジー、ムーランルージュ(たぶんアプリコット)の子。
親株は咲く度に毎回花色の違うことが特徴だったんですよ。

ムーランルージュ
これは昨年の親株写真。2株分の花が写っています。
左上の紫と黄色、右下水色の3つの花は全部同じ株です。中央下の2つはまた別の1株。

実生株はまだ咲き始めたばかりで何とも言えませんが…。
次の花もそれぞれ同じ色っぽい雰囲気。
残念ながら色は変わらないのかも。。そうだとしたら実に残念!

ちなみに昨年秋に買ったムーランルージュ(キャンティー)は、絞りの入り方こそ違うものの、毎回同じ色の花が咲いてます。というより、寒さのせいか色が濃くなり、絞りがほとんどなくなっています。もうしばらくしてからの方が楽しめるかな。

モルフォ
一昨年に蒔いたモルフォ。
無事に夏も冬も越してまた咲き始めています。
この青紫、風に揺れて光に透けてすごく綺麗です。


☆おまけ☆

ネモフィラ
ネモフィラ ペニーブラックも咲いてるよ。

ヒメウツギ

またホームセンターの罠にかかってしまいました。
特に園芸売り場は危険です。
近づくといつのまにか吸い寄せられてしまいます。

今回私を捕獲するための餌になったもの。

ヒメウツギ1

ヒメウツギ2
ヒメウツギ Deutzia gracilis
白い花が清楚で綺麗ですねぇ。

ヒメウツギ3
現在の高さは15センチ程度。
もっと大きくなるはず。なるべくコンパクトに育てたいな。
タグ:ウツギ
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | その他植物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。