2010年01月25日

遅ればせながら

管理が悪くて半分以上落蕾させてしまいましたけど。。
ようやく咲き始めました。

胡蝶蘭3

胡蝶蘭2
ホームセンターで購入した品種不明胡蝶蘭。
開花株ではなく、フラスコから出して間もないような小さな苗で、たしか380円くらいでした。
売られ方から察するに、品種名のない交配実生苗なのかも知れません。
札には「白花中輪多花」と書かれていて、枝分かれして咲く小輪の花かも知れないと想像していました。
咲いてみたら枝分かれはせず、思っていたより大きな花です。
こういうのは「どんな花が咲くのかな」とわくわくして楽しいですね。

胡蝶蘭1
2日前の蕾。
咲きかけが可愛いね。

来年はちゃんと咲かせてやろう。。




posted by adagio | Comment(10) | TrackBack(0) | 洋ラン
2010年01月22日

ジュエルオーキッド近況その5

かねてから問題のマコデス。
「近況その5」どころかもっと多いですよねぇ。
全部のタイトルをつけなおすのは面倒なので、これで。

12月から湿度100%を目指し、水槽下に爬虫類用ヒーターを敷き、強制的に加湿していました。
現在の湿度はすでに手持ちの湿度計では計測不能なので測っていません(あまりに湿度が高いと誤差が大きくなります)が、水槽壁面は常に水滴がダラダラと流れている状態です。
マコデスの葉は湿気で常にビッショリ濡れ、葉先から水滴が滴っています。まるで水を被ったように。。
水槽には水苔を敷き詰め、その上に鉢植えを。
コンポストは乾くことなく、ビタビタになることもなく。
加湿のために室温よりも高くなるよう設定しているため、水槽内の温度は21〜28℃。
この水槽内でPC用のファンを回していることはちょっと心配ですけど。。今のところトラブルもなく回っています。

新芽の中まで水浸しでしたので、以下の写真は少し水滴を拭ってから撮ってます。

Macodes3

Macodes1
Macodes spp.
昨年10月に買ったマコデス2号。
初めてはっきりとした変化あり。
新しく出た葉が上向きになっています。また少し丸まっていますけど、

Macodes4
以前の葉よりマシ。
今までの様子からしても、丸まった葉は二度と元には戻りません。

Macodes2
間延びしていますね。
これは一時期試験的に、曇りガラス+ブラインド半開き+50%遮光シート+20%寒冷紗+窓面以外アルミホイルで覆う、という暗闇にしていたので。。
現在は曇りガラス+20%寒冷紗の状態です。寒冷紗も不要かも。。

問題は湿度にあったのでしょうか。
湿度80%で低すぎたとしたら、どんだけ高湿度が好きなんだろ。
普通に密封しただけではどうしたって80%前後が限界な気がします。。
こうなると真夏も湿度確保のためにヒーターが必要でしょうか。無理です。温度が上がりすぎてしまう。。そのぶん室温を下げれば良いのでしょうけれど。。
でも変だなぁ。昨夏、屋外に放置していた株が水槽やプラケース内の株より調子良かったことの説明がつきません。。

んでもって。

Goodyera1

Goodyera2
Goodyera
今度は同じ水槽に入れたグッディエラの葉が下向きになっています。
12月までは密封別管理していたんですけど、その時の方がまだマシな状態でした。
前から少し下向きでしたが…。
こんなにひどくありませんでしたよ。。
マコデスと同じように、丸まった葉は枯れていってます。
グッディエラは湿度80%程度に押さえた方が良いのでしょうか。あるいは更にもう少し低くした方が?
むむ。この先ジュエルオーキッドを集めるとしても、同じ条件で育てられないのは困難だな。。上手く育てられないのにいつか集めようなんていう私もどうかと思いますけどー
新しい葉はまだ上向きですし、環境の変化によるものかも知れませんので、もう少しこのまま様子を見てみます。

Goodyera3
というか。これも脇から根が出ていますねー

プラケースのマコデスたちは今までと同じ管理です。
相変わらず葉は丸まり、枯れてそこから脇芽が出てまた丸まり、どんどん小さな葉になっています。
このままだと光合成も出来ない極小サイズの葉になってしまうかも。
2010年01月21日

苔その後

スナゴケ
ジュエルオーキッド挿し芽コンポストから発生したスナゴケ。
豆鉢に植え替えてから2ヶ月弱。
少し生長したかな。
ただ、あまり綺麗なフサフサにはなっていません。

スナゴケ2ヶ月前
ちなみに植え替え(と言っていいのでしょうか)直後の11月末にはこんな感じでした。
束のまま水苔に乗せただけだもんなぁ。
やっぱり細かく切断して均等に蒔いた方が綺麗に生え揃うのかな。

水苔
で、モウセンゴケ実生床から発生した苔。
小さなかけらをいくつか採取して栽培。だいぶ大きくなりました。
これは!
hiroro689さんの言った通り。生水苔じゃないですか。
やったー。欲しかったんだ。生水苔。
カップの口いっぱいまで増えないかな。
そしたら何に使おうかな。食虫植物に使おうかな。

発生元の実生モウセンゴケはベランダ発泡スチロール箱に放置中。
そちらに残した苔は全然増えていません。
外は寒いですものね。。
タグ:
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | その他植物
2010年01月20日

プリムラ・ジュリアン復活

花の派手さが私の好みでないこともあり、あまり大事にされていないプリムラ ジュリアン…。
夏にはハダニを放置して

ハダニ
こんなひどいことになっていました。
ダイシストンは便利ですねぇ。この状態から薬を撒いただけで駆除できましたもの。
同じ薬品の連用は耐性がつく可能性があって良くないですけどね。。ハダニは耐性がつきやすいですし。

ジュリアン
何とか蕾がつきました。
スリット鉢に植えていたのですが、上から何者かに押されるらしく、いつでも鉢のフチのところで葉がちぎれていて。。
可哀想なのでスリット鉢は諦め、ビオラ用に取っておいた駄温鉢に植え替えました。
ちぎれた葉を整理したらかなり小さくなってしまいましたけど、これから元気に育ってくれると思います。

福寿草
これは福寿草。
来月には咲いてくれるかな。
毎年、少しずつ芽の数が増えています。
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | その他植物
2010年01月19日

メジロの合唱

ベランダに出てみたら、6羽のメジロが来てました。
チュルチュルチュル
チュッチュッチュッ
チチチチチ
屋根の上。アンテナの上。電線の上。
我が家的には大合唱。

メジロ5

メジロ4
隣家1のアンテナ

メジロ1
隣家2の屋根の上

メジロ3
我が家の柿の木

メジロ6

メジロ7
彼らが取り合いしていたみかん
う○こが赤い…。キミたち、どこかで赤い実を食べてきたね?

冬の鳴き声は地鳴きらしいですね。
メジロの囀りは、チーチュルチーチュルチーチーチュルチー とか 長兵衛忠兵衛長忠兵衛 とか言われますけど。。
そんな鳴き声は聞かないなぁ。冬しか来てくれないんだもん。
我が家では ツィー ツィー と鳴いているのをよく聞きます。
が、チュッチュッチュッ とか チチチチチチチ とか チュッチチチチュッチュッチチッ なんて鳴き方をしていることも多いです。
ツィー ツィー のときとはTPOが違うみたい?
タグ:メジロ
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | 風景

クリスマスローズの蕾

庭先で近所の人に呼び止められました。
クリスマスローズの肥料を尋ねられてシドロモドロ。
だって私、ほとんど放置しているんです。私の育て方は参考になりませんよう。
病害虫にも強い感じで、放っておいてもそれなりに元気なだけなんですー
ちゃんと世話をしていれば、もっと立派な株になるような気がします。

クリスマスローズ1

クリスマスローズ2
クリスマスローズ シルバームーン
蕾が顔を出しました。
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | その他植物
2010年01月16日

今年の花芽

シンビジウム ユアージュエル 'ビオトープ'
シンビジウム ユアージュエル 'ビオトープ'
今年の花芽は2つだけー。
日照不足もさることながら、植え替えで根をいじりすぎたかな。絡まったスミレの根を全部取り去ろうと格闘した記憶が。
シンビジウムは鉢いっぱいに根を張った方が花つきが良いので、今年は植え替えしない予定です。

Coel. Cosmo-Crista
Coel. Cosmo-Crista
セロジネには花芽がたくさんついています。
今の大きさ(7号鉢)はもう、私の茶色の手ではギリギリな感じです。実際、夏にはヤバげな雰囲気もありましたし。
大きくなりすぎたので、今年は株分けする予定。
これ以上大きな鉢では絶対に腐らせてしまいますー

Lyc. Fire Bird 'Ai'
Lyc. Fire Bird 'Ai'

Lyc. Fire Bird 'Koi'
Lyc. Fire Bird 'Koi'
リカステも無事に咲いてくれそうです。
折れた葉は前に用土を袋ごと落としてしまったときのもの。。

Onc. Twinkle 1
Onc. Twinkle
問題のオンシジウム。バイラス感染株。
今年は花芽が少ないです。
別管理していると忘れがちで。。秋に気がついたときにはバルブがペラペラのシワシワになってました。こんな干物は見たことがないという感じに。
その後の水やりでバルブは回復しましたけど、
Onc. Twinkle 2
マスキングされていた症状が若干出ているようです。

ついでに胡蝶蘭たち。

胡蝶蘭1

胡蝶蘭2

胡蝶蘭3
覆いを穴空きのビニールから穴の空いていないビニールに変更して落蕾を止めました。
その後、不注意で折ってしまった蕾もありますけどー…
葉の向きを揃えることを優先したので、花芽は変な方向に伸びています。
正確に言うと葉の向きは揃っているんですけど、太陽の方向にお辞儀しそうだったので。。
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | 洋ラン
2010年01月14日

看板を作ろう

別の記事を書くつもりだったのですが──。
今日撮ろうと思っていた写真、バタバタして撮れなかったんです。
ならば前に撮った写真を…
…あ、こんなのがあった。

というわけで。

よいこのみんな!
いまからかんばんをつくるよ!

小さな月極駐車場に「空きがあるから誰か借りてくれ」と主張する看板を作ります。

☆材料☆
100均で買ったプラ板
100均で買ったスプレー塗料
マスキングテープ
プリンターと紙
  1. 看板にしたい文字や絵を用紙に印刷します。
    普通の用紙に印刷して糊付けでも事足りますが、シール用紙に印刷しました。

  2. プラ板に隙間なくマスキングテープを貼ります。

  3. その上から先ほど印刷した用紙を貼付けます。

  4. カッターで文字や絵に沿って切り込みを入れ、着色したい部分をペリペリ剥がします。シールをプラ板に直接貼ると剥がすのに苦労します。マスキングテープを先に貼っておけば剥がしやすいのですー

    看板1
    剥がしたところ。
    左側のは白抜き文字にしようかな、と。

  5. スプレー塗料で塗装します。
    塗料の種類によっては、下地処理をしないと軽く引っ掻いただけで剥がれてしまうので注意!

    看板3
    周囲を汚さないように、花屋さんの大きなダンボール箱の中でスプレー。
    お。花屋さん。何だか園芸ブログらしくなってきた。
    薄く塗って乾かし、2〜3回重ね塗りをするとイイです。

    看板5
    乾燥中。

  6. 乾いたらペリペリ剥がして…

    看板2
    黄色いのはマスキングテープ。

    看板4
    出来た♪

…この写真ではどうやっても園芸ネタに軌道修正できませんー!
2010年01月13日

寒さの中で

昨日は初雪でした。
全然積もりませんでしたけどー

摺墨
摺墨が縮んでいます。
5号鉢に6本植え。

比較のために秋の写真を載せようと思って探したのですが、撮っていませんでした。
もう少し伸びていたんですよ。
今くらいの方がしっかりした感じでいいな。

金鯱
金鯱はこの寒さでも緩やかに生長を続けている感じ。
ピンク色の刺が綺麗です。
肌は昨年ほど紫色にはなっていません。
昨年は小苗でしたから冬がキツかったのでしょうね。

金鯱一年前
一年前の紫色写真も載せておこう。
今では直径も倍くらいになりました。
立派な刺も出てきたし、だいぶ大人になったねぇ。
2010年01月10日

蘇鉄麒麟と兎さん

蘇鉄キリン1
屋外放置の蘇鉄キリン。
だいぶハゲてきています。冬だからしかたないですが、フサフサして可愛かったのにねぇ。

蘇鉄キリン2

蘇鉄キリン3
小さな何かが顔を出しています。
これは花?

だるま月兎耳葉挿し
葉挿しのだるま月兎耳。意外と剛毛で触るとチクチクします。
小さい葉はなんとなく熊さんぽいような。もしかして交配親に熊さんがいたりするのでしょうか。なんて知らないくせにテキトーなことを書いてみたり。
あちこちの小鉢で増殖中。ほとんどの鉢はプチプチで軽く巻き、風除け&霜除けしてあるだけの状態です。
小苗はこの状態で昨年も一昨年も問題なく冬を越せたので、たぶん今年も大丈夫。かな。
昨年完全放置して棒状になってしまった親株だけ薄暗い室内で管理しています。
普通の月兎耳はもう数年間完全放置。そちらは寒さで傷んだりもしないなぁ。放置しすぎてあまり育ってもいませんが。


追記!
熊さんは属が違うし、そもそもこれが交配種なのかどうかも知らないし調べてもいないですー
ほんと超テキトーなこと書いてますので信じないように。。


おまけ。
チワワエンシス
チワワエンシス(遺影)
古い写真を見ていたら発見。
可愛いですねぇ。
しかし。どうやら私はエケが苦手。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。