2009年11月27日

コケ

4月の末にお星様になってしまった、ジュエルオーキッドの Anoectochilus formosanus 。
お星様になった後も、挿し芽していた容器&水苔をビニール袋に密封したまま放置しておりました。

だって…

スナゴケ?1

スナゴケ?2
苔が生えてきて可愛かったんだもの。
容器は3.5センチ角。フサフサしてます。見た目的にはスナゴケかなぁ?
あんまり可愛いので。

スナゴケ?3
100均で買った盆栽用豆鉢に植え替えました。再び密封。
お猪口の方が可愛いと思ったんだけどね。底穴を開けるのが面倒だったから却下。
形は崩れちゃったけど、またそのうちにフサフサしてくれるかな。

さっき植え替えしていて気がついたのですが。
前記事のアフリカナガバモウセンゴケ実生床に生えてきた苔も、もしかしたら上のスナゴケ(仮)と同じかも。
大きさ、形、色、ともによく似ています。

栽培用プラカップ
で、それを育ててみようかと、現在準備中。
容器は例によってプラカップ。線香で穴を開けてます。例によってプリングルスの蓋を。
もしかしたら蓋はいらないかも知れませんが、今の季節に室内置きだと乾燥してしまいそうなのでー
この水苔の上にちぎった苔を置く予定。
生えてる苔自体が小さいし、極小苗ワラワラでちぎりにくいし、ほんの少ししか採取できないかな。

そして。
まだ放置していた謎の物体

過去記事クリックなんか面倒くせー、という人のために。
【前回のあらすじ】
プテリス実生を目論んで胞子を蒔き、前葉体は発現したものの受精に失敗。
そのまま放置。
謎の透明緑色の粒が発生しても見なかったことにして、なお放置。
やがて透明緑色のヒラヒラしたものが茂りはじめました。
何かが息づいております。


謎の物体1
うひゃひゃ。なんだこれ。
前は綺麗といえば綺麗だったのに。
今回は何だか開けたとたんに粉が俟ったような、そんな感じ。
前回のような緑色のフサフサではなくなり…
何だかベージュ色のカサカサフワフワだらけになっています。
このまま風で飛んで、着地点でまた増えそう。

謎の物体2
このベージュの糸状のは? 根? 菌糸? それとも飛ぶための羽?

水をやって再び密封。元の場所へ。
…て、栽培しているのかよぅ。




タグ:謎の物体
posted by adagio | Comment(11) | TrackBack(0) | その他植物
2009年11月25日

アフリカナガバモウセンゴケ実生報告4

8月14日播種。アフリカナガバモウセンゴケ(Drosera capensis)

アフリカナガバモウセンゴケ実生3
あまり変わっていません。
相変わらずゴチャゴチャワラワラ。
寒くなってきたせいか、生長も緩やかになっているようです。

アフリカナガバモウセンゴケ実生1
1株だけ一回り大きな葉を上向きに伸ばしはじめました。

アフリカナガバモウセンゴケ実生2
苔が生えてきています。何だか綺麗な苔です。

アフリカナガバモウセンゴケ2

アフリカナガバモウセンゴケ
親株。
今のところまだ
「え? 冬? 何それ? 食べるもの?」
という顔をして葉を展開し続けておりますー

アフリカナガバモウセンゴケ4
虫も捕まえてるよ。

アフリカナガバモウセンゴケ3
花もまだ咲いてるよ。
写真は夜に撮ったので蕾状態ですが。。

ついでに。
ムシトリスミレ
ムシトリスミレ(たぶんPinguicula primuliflora)
貼り付いた虫を溶かし中ー
posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | 食虫植物
2009年11月23日

サボのモケモケ

白星
白星に花芽が出たよ。

白星花芽
花芽アップ。
もうすぐ咲くのかな。
アップで見るとトゲがホワホワと羽毛みたいですねー

バラ丸花芽
バラ丸にも花芽が。
なんか細かいゴミも写っているけど気にしてはいけませんー
こんな杜撰な管理だからトゲが汚れまくりなんだな。かなり汚くなってますー
これは3月頃に咲く予定。

ルリ兜1
2007年実生のルリ兜のてっぺん。
なんかモコモコが大きくなってきたよ。可愛くなってきたー

ルリ兜2
これはまだモコが小さいけれど、扁平に育っているのです。かっくいいのです。

天平丸
2007年実生の天平丸のてっぺん。
刺座が暖かそうですねー
サボテンの刺座ってモケモケのが多くて可愛いよね。
2009年11月22日

アデニウム実生報告2

10月31日播種。
少し大きくなりました。

アデニウム1
胴体がぷっくり。
いいぞ。もっと太れー

アデニウム2
緑色のと。

アデニウム3
白っぽいのがいます。

この白、綺麗なのですが…これは光合成できるのでしょうか。
なんだか消えてしまいそうで不安。。
タグ:アデニウム

光オブツーサ

光オブツーサ3
何度も登場している光オブツーサ。
特別にこれが気に入っているという訳ではないのですが──

光オブツーサ2

光オブツーサ1
うちの環境で徒長もしないし日焼けもしない、我が家には珍しく優良児なのです。

あんなにたくさん結実させたのに、元気にしていますー
2009年11月21日

ビオラとパンジーを買ってきました

ビオラやパンジーって、タネを蒔いても苗を買っちゃうものですよねぇ。。

で、買ってきました。

桐生ビオラ2
桐生ビオラ。

桐生ビオラ1
これも桐生ビオラ。
桐生ビオラは大好きなのです。

ラビットダンス
見元園芸のラビットダンス。
見元ビオラも大好き。

ムーランルージュ
ムーランルージュのキャンティー。
パンジーは買うつもりではなかったのですが、色合いが気に入ったので。
よりによって、お店にあった中で一番徒長しているものを買ってきました。
だって、これが一番絞りがハッキリ出ていたんだもの。
そのうち切り戻そう。

毎年、似たような色を買ってしまいます。
たぶん私はパンジービオラに関しては紅色系が好きなのでしょう。
家族にはいつも「暗い色ばかり植えて!」と不評ですー
黒いビオラも欲しいんだけど、ますます家族に嫌がられるかなぁ。
2009年11月18日

Slc. Linda Ann 'Dogashima'

Slc. Linda Ann 'Dogashima' 3
Slc. Linda Ann 'Dogashima'
ミニカトレアが咲き始めました。

Slc. Linda Ann 'Dogashima' 2
写真は撮り方で雰囲気が違うね。

Slc. Linda Ann 'Dogashima' 1
これは3日前。

現在無加温の廊下に放置中。
目前に隣家がありほとんど陽が当たらないのですが、我が家の室内としては1〜2番目に明るい場所でもあります。
窓から1メートル以上離れた場所に置いているんですけど、なにしろ木造家屋なので…このところミニカトレア棚の最低温度はすでに10℃まで下がってます。今夜はもうちょっと下がりそう。
そろそろ棚を覆ってやろうと思います。
もう少ししたらペット用のヒーターを投入。
ヒーターは10℃を保つことを目標に使用しているのですが、それでも真冬の一番寒いときには6〜7℃まで下がることがあります。

ちなみに。
1つしかないパフィオはミニカトレアの棚の中。
オンシジウム、リカステ、セロジネ、シンビジウムは無加温で冬越しですー


それはそうと。
シルバーヒルシード
ポリキセナ他のタネがキタ━━(゚∀゚)━━!!!
嬉しい嬉しい。
今夜半分だけ撒きますー
どうせならもっといろいろ買えば良かったな。。
まぁ、またそのうちに買えばいいか。
posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | 洋ラン
2009年11月16日

ポリキセナ エンシフォリア?

しつこいですが今日もポリキセナ。

ポリキセナ1
また買っちゃったんですぅー。
園芸店で買いました。5球植えで350円。
うむ。安い。

ところで、これ。
ラベルには「ポリキセナ エンシフォリア」と書いてあるのですがー。
ensifoliaなら葉が幅広のはず…と思うんだけど…

ポリキセナ2
花もensifoliaとは違う気が。
シベが花被片の中に隠れるのはpaucifolia? maughanii?
maughaniiの葉も幅広だから除外するとして…

ポリキセナ3
横から見るとこんな感じ。

わかんないけどーーー
この前買ったpaucifolia(パウキフォリア)にかなり似ています。たぶん同じじゃないかなぁ。。
しかし。この方が大きいんですよ。
葉先までの高さは9センチくらいあります。この前のは5センチあるかないか。
花も地際ではなく少し上で咲いているし、比べると巨大に見えます。

ま、可愛いから何でもいっか。
先日買ったものと、これから蒔く予定のものと、ごちゃごちゃにならないよう、これのラベルはカタカナ書きにしておきますー。今のところはついてたラベルをそのまま書き写しておこう。。
タグ:ポリキセナ
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | その他植物

サボテン実生2009 その5

あまり代わり映えしない感じですが──
たてつづけに実生苗の記事を書いたので、サボテン実生の記事も書かねばなのです。

ムスクラ1

ムスクラ2
8月31日播種のムスクラ。
徒長ぎみかな。
いや、そんなことより…

ムスクラ3
胴体に穴のあいている人が何人もいるですよ。
この穴は…私にとっての天敵、キノコバエっぽい。
前にも金鯱の苗をだいぶ食べられました。あのときは各穴から透明なニョロニョロがこんにちはしてました。。
現在、虫は見あたらず。ダイシストンが撒いてあり、穴も気がついてから進行したりしていないので、おそらく犯人はお星様になっていると思われます。

以下、9月17日播種のもの。

バラ丸
自家採種のバラ丸です。発芽率100パーセントでした。
これ、徒長してきたので先日場所を動かしてみたんですよ…今日見たら焦げてますー
以前実生したときには同じ場所でもこの段階での徒長はなかったんですけど、これは季節の違いでしょうね。。
真夏の強い日差しならいくらかマシということでしょうか。
我が家的には春の実生が良いのかも。

ルリ兜
ルリ兜。
いくつか調子の悪い苗があります。
少々管理が杜撰だったかな。反省。

緋冠竜
緋冠竜。
これも徒長ぎみですねー

薫光殿
一つしか発芽しなかった薫光殿。
発芽したときから生長点が赤くて心配していたのですが、無事に黒くなり…何とか育っているようです。
2009年11月14日

ボケボケボケ

'09.03.03
木瓜1
今年の3月に咲いた木瓜。

'09.05.08
木瓜2
今年の5月に咲いた木瓜。

木瓜3

木瓜4
そして今咲いてる木瓜。

何度咲く気ですかー
そんなに咲き急いで…生命の危機でも感じていたりしてー。
「早く咲いて子孫を残さなきゃ」とか。
植え替えの季節。
…植え替えてやろう。。
タグ:木瓜
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | その他植物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。