2009年09月30日

夏越しパンジー

特に夏越しをねらったわけでもないのですが。。

モルフォ
モルフォ。少々弱々しいけれど、まだ咲いてます。
だいぶハダニにやられているので、ダニ剤を入れたバケツに鉢ごと漬け込んだ後、ダイシストンを蒔いておきました。

ムーランルージュ

ムーランルージュ2
ムーランルージュは1株だけ生きてます。
他のは先月切り戻したら、そのままお亡くなりになってしまいました。

スイートアリッサム
スイートアリッサムも満開。
だいぶ伸びてきました。またそろそろ切り戻さないと。
これは昨年の今頃に種を蒔いて育てた株です。
一昨年のもまだあるのですが、そちらはクーラー室外機の前に置いていたので、かなりのダメージが。




さて。何株あるでしょーか。

青雲の舞群生
青雲の舞群生株。
現在、直径20センチくらいです。
このまま放置するとどこまで大きくなるのでしょうか。

タイトルの答えは私も知りませんー
2009年09月29日

ツワブキと宿根アスター

ツワブキ
ツワブキの花芽があがってきました。
玄関脇の小さな小さな花壇に、もう何年も植えっぱなし。毎年忘れずに咲いてくれます。
ところで。メインの植物が竹でも「花壇」と呼んでいいのでしょうか。
そもそも西洋風オサレ花壇ではなく和風ワビサビを目指したものなので、花壇と呼ぶことに抵抗が…。
今では周囲にごちゃごちゃと鉢を置いて、ワビもサビもあったもんじゃないですが。

私、純和風家屋に純和風の庭が憧れなんですー
木の門。縁側。ひさしの長い瓦屋根。苔庭。土間も欲しいな。。そんな家に住みたいなぁ。。

宿根アスター
宿根アスターも咲き始めています。
が、今年はうどん粉病にひどくやられてます。
放置しちゃったので、上から下まで真っ白。。
恥ずかしすぎるから花だけアップ。
バックに写っている葉っぱは別の植物です。
posted by adagio | Comment(5) | TrackBack(0) | その他植物
2009年09月28日

めーだーかーのがっこうはー

基本的には実に平穏なのですがー
1鉢だけ、熾烈な縄張り争いが展開されてます。

メダカ1
うちのボスです。
この鉢は全部俺様のものだ、と言わんばかりに他のメダカを追い払ってます。
動きが速くて、フラッシュたいて撮ったのにブレてるしー。
尾ヒレのフチが白くて気にかかりますが…。数ヶ月間塩浴しても変化がなかったので、これはこういうものと思っております。この状態で2年以上元気にしています。あ、日によって白いときと透明なときがあります。

メダカ2
かき回しちゃったので水が濁ってます。幼魚鉢。
今年生まれた幼魚です。
グレーっぽいメダカは黒と白とのクォーター。
メンデルの法則によれば、F1は全部黒。F2はいろいろな色が生まれるはずですが…
F1が3尾しかいない上に、あまり卵を産まなかったんですぅ。
たぶんこの子はF1同士の掛け合わせではないと思います。
そもそもF1も3尾のうち2尾は青みがかったグレーで、いわゆる黒メダカの黄味がかった色ではなく。これは親の黒メダカの劣勢遺伝子の問題で。遺伝子的には純粋な黒ではなかった、ということなんだな。

メダカ3
メイン鉢に入れられた幼魚。
ダルマかな。半ダルマかな。泳ぎ方が可愛いです。

カキツバタ
現在のカキツバタ…の鉢の端。
白い紐みたいなのは根っこです。
3鉢あるうち、2鉢はスリット鉢に植え付けました。その2鉢の根っこがはみ出しまくり。
うーん。。今、植え替えに適した時期ではあるけれど。。
…5月まで放置。。
2009年09月27日

ぼちぼち植え替えてます3

毎日少しずつ植え替えて、ようやく一息つきました。
トータルで何時間かかったんだろ。
数はそんなにないのに、ナゼかけっこう時間かかってます。

植え替えサボ
植え替えたサボテンたち。
今回は全体的に鉢が大きめかな。
並べる都合を優先したもので。。

柱サボテン1
サボテンのタネ混合から育ったもの。
たぶん円筒型に育つ種類だと思うんだけど。。
徒長した球型サボテンの可能性もー。
触ってみると、フワフワの中に細いトゲが隠れてます。あまり痛くないですが。
3つあるけれど、もしかしたら手前の一つは別の品種かも。。

柱サボテン2
前にアップしたこれ(前の写真の使い回し〜)は、雷神閣かな?
他のもシマシマ模様になってきました。

柱サボテン3
これもサボテンのタネ混合。
柱サボテンは数個ずつ入っていました。丸サボテンの方は1〜2個ずつで、品種がバラバラです。
品種別に考えれば、丸サボテンと柱サボテンは半々に入っていた感じです。うちのは柱サボテンの割合が多かったみたい。

キャンドゥサボ
100均(キャンドゥ)で買ったサボテンのタネから育ったもの。
入っていたタネは全部同じ種類でした。
2009年09月25日

ハオルチア実生報告6

ハオルチア実生1
播種から2ヶ月半経ちました。
5枚目の葉が出てきています。

ハオルチア実生2
外葉が枯れてますねー。

同じ場所に置いているのに、徒長しているものとしていないものが混在しています。
品種による傾向もある感じですが、同じ母株からの子でも、ものすごく伸びちゃっているものと、そうでないものと。
今月になってから芽が出てきたものもあり、生長にはだいぶ差があります。
2009年09月24日

ぼちぼち植え替えてます2

ハオルチアを少しだけ植え替えた…のはいいんだけど。。

ハオルチアカキ仔
このカキ仔、どうする?
全部オブツーサ及びピリフェラ系。増えすぎ。
そろそろ私は「捨てる」ということを覚えた方がいい…。
本当に本当に置き場所がないのです。
すでに足の踏み場もなく、洗濯物を干す場所もなく。。やばいです。天気が良い日でも室内干し。布団はもうとっくの昔に干せなくなってます。これはいかんですよ。

…しかたがない。アレをあっちに、コレをこっちに。。
タグ:ハオルチア
2009年09月23日

モウセンゴケ実生報告3

播種から1ヶ月と少し。

アフリカナガバモウセンゴケ実生1

アフリカナガバモウセンゴケ実生2
アフリカナガバモウセンゴケ
ワラワラ生えていて、どこからどこまでが1株なのか、よくわかりませんー
直径2〜3ミリに生長しました。

1つ気がついたことが。
いや、当たり前なんですけどね。あまりに感動したもので。
私、ド近眼なんですよ。
普段はコンタクトレンズ。家では眼鏡のことも。
どのくらいド近眼なのかと言うと…
裸眼で新聞を読もうとすると、焦点が近すぎて顔か新聞を動かさねばならず…傍から見ると新聞を舐めているようにしか見えない、という。
で、裸眼でこの実生苗を見てみたわけなんですよ。5センチくらいの距離で。
そしたら細部まで実によく見える! 世界がこんなにクリアだったとは!
近眼=至近距離なら極小サイズのものだけは良く見えるんですー
肉眼で見るのに比べたら、上の写真はボケボケですよ。

Drosera lowriei 実生
Drosera lowriei
…!
カビが!
どうしましょ。
とりあえず…殺菌剤を粉霧しておこうかな…


おまけ
アフリカナガバモウセンゴケ花
アフリカナガバモウセンゴケ
白花も咲いてるよ。
posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | 食虫植物
2009年09月22日

花芽発見

Lc. Mini Purple 'Sato'
Lc. Mini Purple 'Sato'
ミニカトレアの花芽発見。
Slc. Linda Ann 'Dogashima'にも花芽がありそう。
posted by adagio | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋ラン

マイクロシクラメン?

シクラメンたちを植え替えました。

買ったときは2号鉢。
マイクロシクラメン…として売られていました。

シクラメン
どれもこれも大きくなっちゃって。
今では3.5号鉢。それでも鉢が小さいくらい。
ちっともマイクロじゃないですよう。
思うに。これはただのミニシクラメンですねー
タグ:シクラメン
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | その他植物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。