2009年03月31日

冷蔵庫から…

桃のタネ1
野菜室から取り出した謎の物体。
何だか汚らしいですねぇ。

桃のタネ2
昨夏に食べた桃のタネを、バーミキュライトと一緒に保存していたのでしたぁ。

我が家にあった桃の木は、とても綺麗な花が咲いていたのですが、今はもうありません。
参考記事:2009年02月13日 駄写真コレクション4
大好きだったので、また育てたいな、と。今度は鉢植えで。

これ、殻を割った方が発芽率が良いみたいなんですが…
私はそういうところで失敗しがちなので、そのまま土に埋めてみました。

ちゃんと芽が出てくれるかな?


シャクヤク
芍薬の芽が出てきました。信濃の月という品種です。
芍薬らしい赤い芽ですねー。
子供の頃からいつか育てたいと思っていたので、大人になった今、育てているわけですが。。日当たりが悪くて毎年貧弱に育ってしまうのです。。

羽蝶蘭
羽蝶蘭も芽が出てきました。やっほう!

雪割草
雪割草は新葉がいっぱい。




posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | その他植物
2009年03月30日

パフィオペディルムの花芽

delenatii
Paph. delenatii

パフィオペディルムの花芽が上がっています。
あと2週間くらいで咲くかなぁ。

ところで。
シンビジウム
シンビジウムの全ての花の根元に水滴が。

なめると甘いです。蜜が出ているんですねー
posted by adagio | Comment(6) | TrackBack(0) | 洋ラン

メダカ経過報告2

'08.06.23
半ダルマメダカ
写真は昨年の半ダルマメダカ

バケツをもう1つ増やしました。
メダカたちは、数尾を除いて、外観上、大きな問題はなくなりました。
まだ問題のあるやつは別に管理したいな、と。

重症バケツから3尾。
白半ダルマ2尾が尾ヒレを閉じたままな上に、体型的にも何か変。妙な感じにウエストがくびれているというか。
前回の写真の白メダカ1尾は、全てのヒレが…半分溶けている?
更に、軽症バケツから1尾。
退色の激しい黒メダカ。退色以外に何の問題もないし、婚姻色も出ているのだけど、身体を壁にこすりつける動作が寄生虫っぽくて気になったので。
合計4尾を新しいバケツに移しました。
特に半ダルマは、長期戦になりそうな予感。

退色している黒メダカ
退色している黒メダカ

で、残りのメダカたちは、確かに外観上の問題はなくなったのですが…
なんというか、特に重傷バケツにいたやつは艶がない、というか。
とりあえず、こちらは様子を見つつ、塩0.5%のみに戻していきます。
メダカの健康には太陽の光も重要だと思うので、早めに淡水に切り替えて、睡蓮鉢に戻したいところ。現在の目標:1ヶ月後

ところで。
バケツだと、普段外飼いしていると見えないものが、よく見えますねぇ。
縄張り争いに熱心な黒メダカが、白ダルマメダカを追いかけているのですが。
…あれ? 追いかけ方が違う。
黒「オマエの下は俺の定位置だ。嫁になれ」
白「やめてくれ。俺はオトコだ。この立派なヒレが見えないのか」
黒「またまたぁ。俺様の華麗なダンスを見ろ」
白「だから違うってば」
黒「嫁になってくれるまでストーカーしてやる」
…。キミタチ。何やってんの?
タグ:メダカ
2009年03月29日

Anoectochilus formosanus

マコデス不調のため、試しに超高湿度を保ってみようと、10日ほど前から水槽を密封していたわけですが。
もうね。「密封」という時点で、この展開は読めたようなものです…

Anoectochilus
これは3月15日に掲載した写真。
根っこが出ていることを確認した Anoectochilus formosanus です。
マコデスと一緒に管理しておりました。

今日、よく見たら…根元が変ですよ?

…カビだぁぁ。白いカビがフサフサと。
写真は撮り忘れました…。

これが怖くて、最近まで中途半端な密封は避けてきたのにねぇ…
何をやっているんだか。
通気を遮断してしまったからなぁ。
軽く殺菌剤を散布していたのですが、あまり意味がなかったみたいです。
そもそも、密封までしなくても、そこそこの高湿度は保っていたのだし、余計なことはしない方が良かったな…。
マコデスの方は、1つもカビてはいない様子。
まぁ、ずっと家で管理していたマコデスと比較するのもアレですが。

Anoectochilus1
引っこ抜いてみたら、こんな感じ。
腐ってます。
写真にあったはずの新根は跡形もなく、鉢の中で別の根が2cmくらい伸びていた痕跡が。

Anoectochilus2
軽く引っ張ったら、取れてしまいました。

うぅむ。
これはですねー。かなりやばいですよ。ダメっぽいですねぇ。
1節も残っていない。
根は節のところから出ますからねぇ。

が、しかたがないので。
これも Goodyera と同じように…

Anoectochilus3
ベンレートで殺菌して、水苔で。

Anoectochilus4
ビニール袋へ。


ついでに。
現在の Goodyera は…

Goodyera
新葉が動いています。
これも1節もなかったので、根は出ていませんが…。
このまま新しい葉が成長してくれれば、新しく節も出来て根も出るかなぁ?

どちらも復活してくれるといいんだけど、無理かなぁ? どうなんだろ。


余談ですが。
根のない胡蝶蘭は、同様にビニール袋で密封して高湿度を保つと、根が出ることがあります。
我が家の胡蝶蘭の1つは、もらったときには根腐れして根が1つもなく、葉も1枚しかなかったのですが、半年かけて養生したら復活しましたよ。。
2009年03月28日

バラ丸

満開になったら写真を撮ろう、と待ち構えていた…はずなのですが。

バラ丸
バラ丸

これは11日前の写真です。
この写真では、まだ咲いていない蕾が3つあります。
真ん中の3つもまだ咲き始めだし、もう少し綺麗に開いてから撮り直そう、と考えておりました。
が、私が花を見たのは、この日が最後なのです。
この後もずっと咲いたり閉じたりしていたはずなのですが、天気のせいか、気温のせいか、はたまた私の観察する時間のせいなのか…
間が悪くて、なかなか開いているところを見ることが出来ず。
そうこうしているうちに、いつのまにか、最初の花は終わっている様子。

残念! 満開の写真は撮れませんでした。
2009年03月27日

ムーランルージュ

処分品として買ったパンジー、ムーランルージュが、ぽつりぽつりと咲き始めています。
3株で200円。その後、後から買い足したものが2株で100円。全部で5株あります。
花色も分からずに買ったのですが、どうやらうちに来たのは白っぽいものばかりのようです。

ムーランルージュ2
淡い水色

ムーランルージュ3
淡いオレンジ色

ムーランルージュ4
淡い紫色

日を追う毎に、咲く花の色が濃く、色味が増えているような気もします。
気温が高くなると濃くなったりするのでしょうか。
満開の頃には、もっとカラフルになっているのかも知れません。


おまけ

現在のハンギング
ビオラハンギング
ビオラ

パンジーハンギング
パンジー

鉢が見えなくなるまで成長するには、まだまだかかりますねー。
2009年03月26日

アネモネ半開き

アネモネ
アネモネの蕾が開いてきました。
明日には咲くよー。

伊豆スミレ
伊豆スミレも咲きました。
他のスミレよりも小さな花です。

で、これ。
ちょっとお見せするにはひどい状態なのですが。
徒長したれんげ草
先月から日陰に移動されてしまった、れんげ草のプランター。
あぁぁ。なんだこりゃ。ひょろひょろと徒長しまくり。
敷地の都合上、今後は日の当たる場所に置くことができそうにありません。
しようがないので、これはこのまま、徒長させまくって育てます。。
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | その他植物

メダカ経過報告

メダカ薬浴中
退色している黒メダカと、健康そうだけど念のため一緒に薬浴されている白ダルマメダカ。
頭の大きさはほぼ同じ。ダルマは身体が短いですねぇ。当たり前か。。


昨夜、衝撃の新事実発覚。

私がずっと睡蓮鉢の注水に使っていたジョーロ…。
母親「それ、除草剤撒くのに使ったよ」
えぇぇえええ?
「今まで何度も使ってるよ」「あまり洗ってないよ」
………。
農薬…。
マジですか。
早く言ってよう。
エビ激減は、そのせいか…。。

今日、速攻で新しいジョーロを買ってまいりました。
マジックで大きく「メダカ専用」と書いておくべきか。


問題の3鉢のメダカは、ほとんど2つのバケツに引き上げられております。
ほとんど、というのは、動きが速くて捕まえられなかったメダカが2尾いたからなのですが…
「見たところあまり問題なさそうな個体だし、明日掬おう」と考えていたら、1尾は次の日お星様になっていました…
苗帽子をはずしたことによる温度変化がきつかったのだろうと思います。かわいそうなことをしました。

バケツは重傷群、軽症&健康そうな群に分けております。
といっても、どうやら健康そう(に見える)のは、白ダルマメダカ1尾のみですが。
軽症群は何故か黒メダカばかり。重傷群は白メダカばかり。黒の方が丈夫というウワサは本当なのかも知れません。
基本は0.5%塩浴+抗菌剤で、投げ込みフィルターの活性炭を取り除いて投入しています。

で。
バケツに引き上げたメダカは、全部元気にしております。
身体の曲がったやつですが…まっすぐになりました。
ガリガリだったやつも…ややふっくらと。

はて???
治りにくそうな症状だと思ったのに??
そういえば、昨年もそうでした。曲がりとガリガリは、治るやつはあっという間に治ったのです。治らなかったやつは…あっという間にお星様に。あの時、大事をとって、治った後も長い間…2ヶ月間隔離していたのですが…。どうやら結果的に、半年も過ぎてから再発。感染拡大。

身体の曲がりは、骨というよりも、筋肉が侵されているようにも見えます。横方向の曲がりですし。
まっすぐにはなったのですが…何と言うか、元通りとは見た目が違う。肉がつけば元通りになるのかも知れないですが。。秋からずっと隔離していて1月にお星様になった1尾も、こんな体型でした。。

んでもって。
ヒレがやばいです。
閉じていたヒレを開くようになったやつが4尾いるのですが、1尾はそのヒレが裂けています。
先日の写真の、針のようにガリガリで尾腐れ症状のやつも、ふっくらとはしたのですが、尾腐れは酷くなっているような…。

病メダカ
3月23日の記事と同じメダカです。少しふっくらしましたよね?
というか、うんこ中の写真でごめんなさい。。

うーむ。単純にカラムナリスと考えるべきか…
だったらこのヒレは近いうちに治るだろうと思います。今のところ、薬浴に耐えるだけの体力はあるようですし。
とりあえず。重傷群には抗生物質を。

しかし。
おまえら、ヒレも開けないくせに縄張り争いなんかしてるんじゃないやいっ
しばらくはここで過ごしてもらうつもりだし、何か隠れ場所を作ってやろうかなぁ。。
タグ:メダカ
2009年03月25日

プリムラ・アクエリアス満開

プリムラ・アクエリアス
プリムラ・アクエリアスが満開になりました。
根元から新しい葉が出てきています。
この葉はこれからワサワサと茂って大きくなる予定。
今冬に「枯れた?」と心配した、冬芽とは違う形の葉っぱですー…

紅花ナンザンスミレ
紅花ナンザンスミレも、ほぼ満開に。

アネモネ
アネモネも蕾が上がってきました。
いつ咲くかな。


3月27日 追記

スミレ
普通のスミレも満開です。
が、いくつかの花が虫に食われてしまっています。
もう虫の季節になったんですねぇ。

ウスベニヒゴスミレ
こちらは2週間前の写真、ウスベニヒゴスミレです。
今はもう花は終わり、いくつか咲いているだけとなってしまいました。
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | その他植物
2009年03月24日

リカステ開花

リカステ

リカステ
Lyc. Fire Bird 'Ai'

リカステが開花しました。
深みのある赤、深紅のファイヤーバード'あい'です。
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | 洋ラン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。