2010年07月08日

ハオルチア実生報告 その9

ハオルチア実生報告

播種からそろそろ1年。
また新しく蒔くから、ここらで一区切り。

昨年蒔いたのは、言ってみれば、全て父木不明の雑種なわけで…
雑種でも母木の名を借りて「ベヌスタハイブリット」とか言い換えるとカッコ良く聞こえる不思議。
てなことで、今回は全部ハイブリットと呼んでみたりして。名前負けしているということはここだけの秘密にしておいてねー
というか、似たような顔ばかりで後から写真だけ見ると何が何やら。確認しに行くのがめんどくさい。

ベヌスタ交配種
ベヌスタハイブリット。残念ながら毛深いのは一つもありません。ベヌスタと言ったら毛深くなくちゃねー

達磨黒肌オブツーサ交配種
これはまだ小さいけれど達磨黒肌オブツーサハイブリット。母親似のツヤピカだね。

羽衣交配種
羽衣ハイブリット。

ピグマエア交配種
ピグマエアハイブリット。これは他のと違う顔だから見分けやすいな。

プリンセスドレス交配種
プリンセスドレスハイブリット。もはや面影なし。

光オブツーサ交配種
光オブツーサハイブリット。これ一つだけ半透明部分がものすごく多いです。綺麗だけど育てるのが難しそう。
というか、何と掛け合わさってこうなったんだろ。。

初夢殿交配種
初夢殿ハイブリット。これも母親似かな。

大型透明窓紫模様トルンカータ交配種
大型透明窓紫模様トルンカータハイブリット。

ミラーボール交配種
ミラーボールハイブリット。裏窓の感じは確かにミラーボールのもの。

ブラックベルディアナ交配種
ブラックベルディアナハイブリット。

ハイブリットハイブリットってウザイですねー
素直に交配種って言えばぁ? なんて誰も言ってくれそうにないから一人でツッコミ。

1年でこんなに育つとは、ハオルチアはサボテンに比べるとメチャクチャ生長早いですね。
たぶん外管理への切り替えをもう少し遅らせれば、もっと大きくなっていたはずと思います。
いきなりまだ寒くて湿度の低い屋外に出したため、そこで一旦生長が止まりましたから。

サボテン実生報告2009 その7くらい

昨秋に蒔いたサボテンたちをようやく植え替えました。
サボテンは密植した方がよく育つのですが、頻繁な植え替えは面倒なので、かなり余裕を持って植え込みました。

ルリ兜1
ルリ兜×新昭和系ルリ兜

緋冠竜1

緋冠竜2
緋冠竜×緋冠竜

バラ丸1
バラ丸(自家採種) 

冬からずっと…昨夜まで完全放置してました。
ええ。珪酸白土に頼って水換えもせず。様子を見ることもせず。

ルリ兜2
ずっと半密封&腰水を続けた状態だったので、パンパンに膨らんでおります。

バラ丸2
それは良いんだけど、バラ丸はことごとく実割れ…。やりすぎたようです。


ムスクラ(自家採種)
これは春に移植したもの。すでに徒長の予感。。


☆おまけ☆

サボテン1

サボテン2

サボテン3

サボテン4
よくわからない品種の実生サボテン(3年目)たち。
2010年06月30日

サボテンたち

短毛丸1

短毛丸2
短毛丸

直径7センチの小苗のせいか、花の直径は12センチ。
大株に比べるとかなり小さな花が咲いています。
鑑賞しようと部屋に持ち込んだら、ナゼか花が鉢よりも下に垂れ下がってしまいました。
短毛丸の花はどうかすると臭いことがあるんですけど、今回のは良い香りです。

ルリ兜花芽1
にょき。

ルリ兜花芽2
にょきにょき。

ルリ兜花芽3
やや。これは一大事。

実生のルリ兜。三年生で直径はまだ3センチくらいです。
まだモコモコの疣もできていない子供のくせに咲きそうですよ!
これは濃赤花…のはず。実生だから確実とは言えませんが。
明日咲きそうですねー
しかしながら。
私、明日(というかすでに今日)は朝早く出かけるし明後日まで帰らないのです。無念!

ルリ兜2
白いモコモコ。

ルリ兜1
褐色のモコモコ。
こちらは傷をつけてしまった上に実割れさせてしまいました。

ルリ兜錦
全部斑落ちになってしまったため、一つしかない瑠璃兜錦。
直径は1センチくらい。生長はものすごく遅いです。
もうちょっと緑の部分が増えてくれると安心できるんだけどなぁ。。

バラ丸
バラ丸。こちらも実生三年生。
一番大きなものがようやく直径1センチを超えました。

天平丸
天平丸。
もう少し育ったらかっこいいトゲになるかな。

ムスクラ
ムスクラはまだ咲き続けています。
1つの花の寿命はたぶん3〜4日なんですけど、次々咲いてくれるから長く楽しめています。

ラウシー
ラウシーってよく見ると綺麗ですね。


☆おまけ☆
センペル花芽
センペルの花芽。

ハエトリソウ開花

ハエトリソウの花1

ハエトリソウの花2

ハエトリソウの花3
Dionaea muscipula
ハエトリソウ

今年も可憐な花が咲いてます。

ハエトリソウ

ハエトリソウ
皆、元気にしております。
よく見ると虫の溶け残りバラバラ死体が写っていますけどー

カペンシス実生
Drosera capensis
ドロセラ カペンシス
アフリカナガバモウセンゴケ実生苗。

少し大きくなりました。
込み合っていたのが淘汰されて、少し数が減ったかな?

アリシアエ
Drosera aliciae
ドロセラ アリシアエ

トリネルビア
Drosera trinervia
ドロセラ トリネルビア

前回発芽を確認できなかったトリネルビアも芽が出てきました。
まだまだ小さいけれど、ちゃんとネバネバを出してます。
posted by adagio | Comment(4) | TrackBack(0) | 食虫植物
2010年06月22日

羽蝶蘭が咲いたよ

発芽してすぐヨトウムシに根元から食害されたため、そのままお亡くなりになったものもありますが…。
なんとか咲いてくれました。
どれもこれも食害のために葉は下から3枚くらいが短くなっています。

羽蝶蘭3

羽蝶蘭9
この2種類は以前からあった株です。
一つは無点の純白花。
ホームセンター出身。

私にとってはちょっとお高かった紅一点花がお亡くなりになってしまったため、今年のらん展で球根を買い足しました。
一番安いのを買ったので、選別落ちの株だろうと思いますが…

羽蝶蘭2

羽蝶蘭6
連舌です。
可愛いね。気に入ってます。

羽蝶蘭11

羽蝶蘭11

羽蝶蘭10
これは他のに比べて大輪。フリルの綺麗な仁王咲きです。
なんか後ろ向きに丸まって咲いてますけど。

羽蝶蘭1

羽蝶蘭8

羽蝶蘭4
これも面白いね。顔の長い長舌花。
綺麗です。

羽蝶蘭7

羽蝶蘭5
普通の感じで可愛らしいです。やや小輪。

いろいろ入っていてお値段の割に楽しいね。私にはこれで充分。
ヨトウムシさんのお食事に耐えられなかった株、良い花だったかも知れないのに残念だなぁー。
タグ:羽蝶蘭

アジサイたち

柿
柿の葉が青々と茂っています。この柿の木は私と同い年。


アジサイの両性花が開いたらアップするつもりだったのに、ブログを放置したらベランダのものはすでに終わりかけ。
以下は少し前の写真が混ざっていますが。

桃色山2

桃色山1
ヤマアジサイ 桃色山
薄いピンクの装飾花に白い両性花。綺麗だね。

城ヶ崎
アジサイ 城ヶ崎
花数が少なすぎて、城ヶ崎らしい華やかさがありません…
来年こそは!
て、これ、狭いベランダで巨大化しそうなんだけど…

ガクアジサイ
地植えのガクアジサイ
これは毎年咲いてくれます。
他に何本かあるのですが、通り道=邪魔で根元から剪定してしまうので咲きません…。

この前ガラガラくじで当たったヨレヨレアジサイは瀕死の重体で、花どころではなさそうです。


クチナシ
クチナシも咲いてるよ。
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(1) | その他植物
2010年06月15日

今年もムスクラが

咲いたよ。

ムスクラ3

ムスクラ1

ムスクラ2

ムスクラ5
アイロステラ属 ムスクラ

綺麗ですねぇ。
相変わらず徒長しています。
しかたがないのでうちのはこういう形だと思ってかわいがります。。

これは自家受粉します。
昨年はタネを作りすぎてしまったから、今年は気をつけねば。
2010年06月07日

ようやくドラゴンフルーツを

植え替えました。
大きすぎて植え替え場所も確保できず、ビニールシートを敷いた室内で作業。
1本ずつ先まで丁寧に新聞紙で包むなりしてから作業すれば万全だったのでしょうけれど。
てやんでい! そんなシチメンドウなことやってられっか! こちとらエドッコでぃ! とぉっ!
と勢いで作業しまして。
いえ、私は生まれも育ちも都下ですから江戸っ子ではないんですがー。
ま、細けぇことは気にすんなぃっ!

で。
いや、もう、植え替え中に肩や背中にトゲが刺さりまくり。
服に引っかかって刺座が落ちて、裸足でそれを踏むし。
ぬかりだらけです。予想通りとも言います。
よいこのみんなは靴を履こうね! 防空頭巾も用意するとイイよ!

更にもう一つ大変なことが。
ベランダに出るためには高さ50センチほどの段差を乗り越えなければならないのです。ちょっと古い家にはよくあるじゃないですか。腰高の窓からベランダに出る仕様。あれです。
13号鉢に植えたら重たくて。
30リットルくらいですからトゲトゲがなければ持ち上げられる重さではあるんです。赤玉土主体ですから荒木田土のような非常識な重さではありませんし。
ですが私の力ではトゲが刺さらないよう体から遠く離したまま水平を保って持ち上げるのは困難。。なにしろ高さが1メートル以上ありまして、重心が上にあるからバランスを取りにくいんです。
なんとか持ち上げましたけど、冬にこれを降ろす自信はないです。。
植え替え時に360度全方向に垂らすのではなく、180〜270度くらいにしておけば持ち運びが楽だったことに気がつきました。用土もバーミキュライトとかパーライトとか入れて軽くするべきでした。後の祭りですが。

ドラゴンフルーツ
根元付近で胴切りしたまま放置していたため、シワシワになっています。
けど支柱を変えたらしっかりした雰囲気になりました。
これから秋まで太っておくれ。
2010年06月06日

スルスミ

摺墨5

摺墨4

摺墨2

摺墨3
エキノケレウス属 摺墨

実生3年目。
いわゆるエビサボテンです。
とても綺麗な花を咲かせますが、残念ながら1〜2日で終わってしまいます。

全部一度に咲いたら綺麗だろうな、と思っていたんですけど、摺墨さんにも都合があるらしく。
少しずつ咲くつもりのようです。
その方が長く楽しめていいかな。
まだこれから新たに花芽を作りそうな部分もあり、たくさんの花を咲かせてくれそうです。

別株から複数同時に咲いているし、受粉させようと思えば楽にできる状態ですね…。
タネを採ろうか迷っています。もう置き場所ないし。でもこれかなり好きなんですよー!

カペンシスとアリシアエ

アフリカナガバモウセンゴケ白花
Drosera capensis
ドロセラ カペンシス
アフリカナガバモウセンゴケ

白もピンクも先日から咲いているんですけど、どうもタイミングが悪くて開花を見ることができません。
写真は閉じかけですが、やっと撮れたので…。

そして。えへへ。

ドロセラ アリシアエ 実生
Drosera aliciae
ドロセラ アリシアエ
ドイツコモウセンゴケ あるいは 豪州コモウセンゴケ

播種から1ヶ月の実生苗。直径1ミリくらいの極小サイズ。
国内ではよく出回っている品種です。
南ア出身なのにナゼか和名はドイツコモウセンゴケ。今ではその和名はあまり使われていないようです。
タネの販売元からは秋蒔きが良いとの指示がありましたが…。
これはたぶんいつ蒔いても大丈夫なんじゃないかな?
で、先月初めに数粒だけ蒔いてみたんです。
同時に Drosera trinervia(ドロセラ トリネルビア)も蒔いたんですけど、そちらはうっかり上から水をかけてしまい、タネが水苔に埋もれて行方不明に。
2種とも秋にもう一度蒔きなおすつもりでいます。

球根ドロセラも欲しいなぁ。
昨年蒔いたのは発芽してくれなかったし。
そのうち買おうかなぁ。
posted by adagio | Comment(2) | TrackBack(0) | 食虫植物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。